パートとしての仕事に関して

今や企業が雇用する人の雇用形態の割合は、圧倒的に時間給労働者が多くなっています。

パート大国・日本への変革には

パートとしての仕事に関して 今や企業が雇用する人の雇用形態の割合は、圧倒的に時間給労働者が多くなっています。意図的に正社員を減らし、アルバイトやパートを労働力の中心に据えているのは、ひとえに人件費の抑制のためにほかなりません。できれば正社員で雇ってもらいたいと考える人は多くいると思われますが、時代は働いた分だけの報酬を手に入れる時間給労働へと確実に変わってきました。そこで、これからは日本もパート大国になるという意識の変革を持つことが必要となってきます。もうすでに時間給でお給料をもらっているという人が、周囲に大勢いることでしょう。

正社員に比べると、求人内容を見ても賃金を筆頭に福利厚生に差があるのがわかります。これは国を挙げて、今後取り組むべき課題であるのは間違いありません。パート労働者が正規雇用労働者の数を上回るようになった今、時間給で働く人たちのモチベーションをいかに上げるかが、企業の生産活動や事業の継続に大きな影響を与えかねないからです。そこに気づいた企業であれば、たとえば時給1000円といった魅力的だと思える求人内容にしています。それでも正社員の月給に比べれば安くおさまりますし、逆にパートさんたちのモチベーションは上がることから、賢い経営者は始めているといえるでしょう。

Copyright (C)2019パートとしての仕事に関して.All rights reserved.